To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Tuesday, March 21, 2017

宮古島女性市議への「いじめ」をやめさせ、市議を続けるよう応援します。Bullying against a Miyakojima City Assembly member must be stopped

今、離島の宮古島で起こっていることを知らせたく思います。

宮古島の石嶺香織市議は宮古島への陸自ミサイル部隊配備に反対する市民の民意を代表して、今年1月の補欠選で市議に当選しました。宮古島市では26人の市議会のうち、現在唯一の女性市議です。3月9日、カリフォルニアの海兵隊基地での陸上自衛隊が米国とのが「離島奪還」を想定した合同訓練で実弾射撃訓練をしているのを見て、フェースブックで、陸自が宮古に来たら「婦女暴行が絶対起こる」と書き込みました。それにたいし「炎上」が起こり、石嶺氏が謝罪と撤回を行った後も議会事務局に「辞めさせろ」といったメールや電話が多数来て業務に支障をきたしているとのこと。そして、20人の市議が3月21日辞職勧告決議を出し可決されるという異常事態になっています。(追記:下方、3月21日の石嶺市議による勧告拒否のスピーチを見てください)

私が3月16日「琉球新報」の「論壇」に出した記事を御覧ください。

ここで述べている通り、石嶺氏がいだいた恐怖は、陸自実戦部隊が来るかもしれない離島の一人の母親としての恐怖感が強く出たものでありますが、その恐怖自体は、自衛官による性暴力の頻発に照らし合わせれば根拠のないものではありません。強い表現で気を害した人たちのことを考え謝罪・撤回したのにさらなる攻撃が続き、辞職の重圧までかかるとはあまりにもアンフェアです。これは、自衛隊配備に反対する女性新人市議に対する「いじめ」だと思います。

これは「ニュース女子」問題など、一連の「沖縄ヘイト」の流れの中で捉えられる事件でもあります。石嶺議員のもとには、また宮古島市には、彼女に対する口にはできないような脅迫、誹謗中傷が多数届いています。福岡県行橋市の右翼市議が石嶺氏への制裁的な行動を、全国の右翼議員やネトウヨに対して扇動しています。ほかにも「炎上」を煽っている者たちがいます。

じゅうぶんに報道されていないことだと思いますので、ここでみなさんに支援をお願いする次第です。石嶺氏の支援者は、こう訴えています。
宮古島議員辞職勧告は議会事務局へ多くの「石嶺議員を辞めさせろ」という抗議の電話や約130通のメールが届き、業務が停滞したことから始まっています。電話は業務に支障をきたしますが、メールはプリントアウトされファイルされます。侮辱や汚い言葉では無く、「このようなことで市議が辞めさせられてはならない」と、丁寧な言葉で抗議のメールを全国から送って下さい。
https://www.city.miyakojima.lg.jp/inquiry/request.html
どうかみなさんからも上記のメールフォームを使って、宮古島市に対して、石嶺さんがこのような圧力で辞めさせられてはいけないというメールを早急に送ってください。

参考までに私が送ったメールはこれです:
宮古島市議の石嶺香織氏がFBで問題発言をしたということで誹謗中傷のメールや電話が議会事務局に殺到しているときいています。この人権侵害行為に対し、石嶺氏を守るのではなく市議会議員20人が辞職勧告決議案を出すというのは人権擁護とは反対方向の「いじめ」に近い行為です。「琉球新報」3月16日8面の「論壇」に私の投稿が載りました。ご覧ください。実際に自衛隊による性暴行が全国で頻発する中、石嶺氏の恐怖感は理解できるものであり、その表現の仕方が強すぎたことについて謝罪・撤回しているのだからこれ以上批判するのは行き過ぎであるという要旨で書きました。これについてはその通りだというコメントが多数来ており反論はひとつも来ていません。琉球新報編集部も、報道で伝えきれなかった側面をしっかり書いていると評価しています。市議会も、市議会事務局も、石嶺氏へのいじめ、言葉による暴力行為に対して人権の観点から毅然と対応してください。一議員がネット右翼による誹謗中傷で身の危険や議員としての立場に危機が及ぶようなことになったら、これは宮古島だけの問題ではなく、ネット右翼が騒げば民主主義は壊すことができてしまうという重大な禍根を残す一例となります。市議会と議会事務局が、石嶺氏を誹謗中傷脅迫から守り毅然とした対応をされることを期待します。

追記:3月21日、20人の宮古島市議による辞職勧告は賛成多数により決議されましたが石嶺市議は以下のように堂々たる「拒否宣言」をしました。
私の3月9日と10日のFacebookの投稿文に関して、私はすでに3月12日に謝罪文を出しています。これは私の個人的なFacebook上での発言ですので、Facebookで謝罪し、マスコミにも謝罪文を出しました。以下の文章です。 
「3月9日の私のFacebookへの投稿の文章は、事実に基づかない表現でした。お詫びして撤回いたします。申し訳ありませんでした。
今南西諸島には離島奪回作戦を想定した陸上自衛隊の配備が計画されています。
陸上自衛隊の水陸機動団は海兵隊から訓練を受けています。
また、沖縄本島では米軍による事件事故が多発しています。
米軍による事件事故が多発していることへの強い不安と、陸上自衛隊が海兵隊の訓練を受けていることを結びつけ、不適切な表現をしてしまいました。
私の不適切な発言により、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
2017年3月12日
宮古島市議会議員 石嶺かおり」 
また、私の発言により議会事務局や当局の業務に支障をきたし、ご迷惑をおかけしたことを加えてお詫びいたします。
今回の件について、議会が辞職勧告決議案を出すということは、不当であると考えます。私は、議会の場でこの発言をしたわけではありません。議会の外で発言し、すでに謝罪・撤回いたしました。また私は、非行・違法行為もしておりません。全ての議員が議会の外で発言したことに対して、謝罪・撤回しても、その発言の是非が辞職勧告の対象になるのでしょうか。宮古島市議会は、これまでそうでしたか。そしてこれからもそのようにするのですか。一人の議員の思想・信条に対し、他の議員が数の力で辞職勧告をするということは、とうてい議会制民主主義とは言えません。 
私は7637人の市民が選んでくださった議員であると自覚しています。決して議会が選んだ議員ではありません。
私は、「平和な未来といのちの水を子どもたちに手渡したい ミサイル新基地建設反対」という政策を掲げて、今回、市民の負託を受けました。
平和な未来をつくるため、ミサイル新基地建設を止めるために、これから精一杯頑張りたいと思います。
よって、私石嶺かおりは、辞職勧告を拒否いたします。

「議員が議員を辞職させることはできない」という、議会制民主主義の当たり前の原理を提示した立派な声明であったと思います。

ちなみに私の「論壇」には、「自衛隊の性暴力はそんなに起こっているのですか」という質問もありました。どうやら、メディアが米軍の犯罪は大変大きく扱うが自衛隊の犯罪はそうでもないことに原因があるよううです。仲間がクイックに検索したところ、この3月だけでも、強姦という凶悪犯罪を含めこれだけの事件が出てきました。

2017年3月7日
陸上自衛隊が強姦事件 屋外で女性に性的暴行を加える 久留米市
http://breaking-news.jp/2017/03/07/031137
2017年3月12日
16歳少女を官舎に、誘拐容疑で航空自衛官逮捕
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3006483.html
2017年3月11日
傷害容疑で自衛官逮捕 和歌山のスナックで女性巡りトラブル
http://www.sankei.com/west/news/170311/wst1703110041-n1.html
2017年3月11日
住居侵入容疑で自衛官逮捕 北海道・遠軽
http://www.nikkansports.com/general/news/1790583.html
2017年3月7日
「ピアノ見に来ない?」女子高生誘い、自宅で胸触る…容疑で陸自音楽隊員逮捕 熊本県警
http://www.sankei.com/west/news/170307/wst1703070082-n1.html

私の記事で紹介した、元自衛官の小西誠氏による著書『自衛隊 この国営ブラック企業: 隊内からの辞めたい 死にたいという悲鳴』(社会批評社、2014年)から、小西氏がFBで抜粋していた部分を紹介します。
 自衛隊員が関係する不祥事件、犯罪は相変わらず減らない。自衛隊と同様、実力組織である警察官の犯罪も減ることはないが、自衛官の犯罪の特徴は、やはりその当事者が幹部層へ拡大していることだ。
 最近の自衛官の不祥事=犯罪のいくつかを無作為に抽出してみよう。毎日のように起こっているが、以下がその新聞記事の要約だ。自衛官の事件を報道するのは、なぜか「産経新聞」と「毎日新聞」が多い(2014年の事件)。
*航空自衛隊春日基地(福岡県春日市)は23日、女性のスカート内を撮影したとして、航空システム通信隊所属の1等空尉の男性(51)を停職60日の懲戒処分(「読売新聞」6月24日)
*財布を盗んだ疑いで、陸曹長を処分、陸自久留米駐屯地(「毎日新聞」6月24日)
*海自で2人懲戒処分、容疑の1尉と技官―男性1尉は昨年3月、当時勤務していた護衛艦「さみだれ」の事務室で、同僚隊員の財布から現金6000円を盗んだとして、同7月に警務隊に窃盗容疑で検挙。一方、男性技官は12年6月、呉市内のパチンコ店で置き忘れてあった他人のプリペイドカード(9000円相当)を換金したとして、呉署に同容疑で検挙(「毎日新聞」6月24日) 
*土浦で1等陸尉、部下殴って停職1日(「毎日新聞」6月24日)
*陸士長が上司に暴行し停職16日、陸自神町駐屯地(「毎日新聞」6月24日)
*1等陸佐を停職処分、酔って女性投げ逮捕(「共同通信」7月11日)
*自衛隊千葉地方協力本部は15日、宴席で部下の女性に抱きつき写真撮影を強要したなどとして、40代の男性幹部自衛官を停職2日の懲戒処分にした(「千葉日報」7月16日)
*女子生徒にアダルトグッズを見せたとして、大宮署は15日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、上尾市、陸自大宮駐屯地所属の2等陸曹の男(42)を逮捕(「埼玉新聞」7月18日)
*陸自伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市)は28日、コンビニエンスストアで財布を盗んだとして、窃盗容疑で兵庫県警に検挙された中部方面隊中部方面通信群の40代の男性2等陸曹を、懲戒免職処分としたと発表(「産経新聞」7月28日)
*神奈川県警鎌倉署は4日、女性に乱暴したとして、強姦容疑で同県横須賀市、海上自衛隊横須賀教育隊の2等海士の少年(18)を逮捕(「スポーツ報知」8月5日)
*セクハラ担当が盗撮容疑、防衛省監察調査官を現行犯逮捕。千葉県警流山署は5日夜、駅で女性のスカート内を盗撮したとして県迷惑防止条例違反の疑いで、千葉県柏市十余二、防衛省監察調査官の2等空佐、片桐重崇容疑者(42)を現行犯逮捕した(「産経新聞」8月6日)
*女性隊員18人にわいせつの1等陸曹を停職―陸自下志津駐屯地(千葉市若葉区)は26日、指導中に女性隊員計18人にわいせつや暴行行為をしたとして、高射教導隊の男性1等陸曹(51)を停職60日の懲戒処分としたと明らかにした(「毎日新聞」8月26日)
 ここに掲載したのは、この2カ月ほどの事件の一部であるが、盗撮、窃盗、暴行、猥褻行為、強姦など、何でもありだ。
 そして、繰りかえすが、明らかに尉官以上の2佐・1佐などの高級幹部の不祥事=犯罪が目立つのである。この傾向は、ここ10数年の自衛隊の不祥事の特徴であると言われている。防衛省・自衛隊でも、この対策を一段と強化しているのだが、不祥事は一向に減らないのだ。
 2013年8月7日付の、防衛省防衛監察本部による「平成24年度定期防衛監察の結果について」という報告書は、以下のようにいう。
 「近年、部隊内で幹部自衛官による服務事故が生起しているにもかかわらず、幹部自衛官は高い識見を有しており、特に服務事故防止教育を行う必要はないとの理由により、幹部自衛官に対する計画的な服務事故防止教育を行っていなかった。……12年4月に幹部及び幹部候補生の精神教育についての通達を発簡し、幹部自衛官の各課程教育に精神教育の項目を新設し、所要の教育を実施しているところ……また、12年4月から連隊長等への補職予定者に対する補職前教育、各級指揮官会議、各部隊の幕僚会同等における精神教育の推進を図っており、今後も充実させていく」(傍点は筆者)
 つまり、訓育・精神教育を部下隊員たちに行う立場の、幹部自衛官にこそ、「精神教育」が必要になってきたというわけだ。
 巻末に自衛隊内の服務事故による懲戒処分の統計を掲載する。全体の件数は、毎年1千200から1千300件前後と変わらないが、問題は幹部自衛官たちによるこの不祥事=犯罪事件の爆発的増大こそ、現在の自衛隊の最大の危機なのである。
(以上抜粋)

これらを見ると、石嶺氏が表現した恐怖感は決して根拠のないものではないことがわかります。

3月22日『沖縄タイムス』の「論壇」には、宮古島市の斎藤美喜氏の記事「軍隊の本質 検証が必要 - 宮古島市議に過剰な圧力」が出ていますが、斎藤氏のこの見方:
南西諸島にミサイルが配備された際の標的になる危険性、騒音、地下水汚染、さまざまな不安があるが、日々の暮らしの中で、小さい者、弱い者が犠牲になること、おびえながら暮らすことこそ防がなければならない。その危機感をそのまま口に出してしまった市議を過剰に責め立て失職を迫るやり方は、弱者を封じ込めようとするものであり、危険だ。
に賛成します。石嶺氏が重圧や脅迫に負けず、自分を選んだ市民のために仕事を続けられるように応援していきたいと思います。@PeacePhilosophy 


12 comments:

  1. Yasuhiro Miyagi4:36 pm

    宮城康博です。名護市出身ですが、数年前から南城市民です。宮古島市議会の辞職勧告決議に腹立たしい思いを持ちながら、自身のウォールに投稿したものをここでシェアします。
    --------
    南城市議会よ。
    宮古島市議会ではフェイスブックでの議員の発言に対して、謝罪撤回してもなお辞職勧告決議をした。とても是認できる議会の行為ではないが、翻って、南城市議会は南城市長がフェイスブックで海保職員自殺のデマを垂れ流してるのに私人の行為だと開き直る市長を看過する。これもまたとても是認できる議会の行為だとは到底思えないが、いかがか。
    宮古島市議会と南城市議会の違いは何か。たいして違いはない。しからば似ているのは何か。両者とも「公」を腐食し、権威権力に隷従する権威主義に堕している。
    その権威の最たるものが、軍隊であり自衛隊であり、すなわち国家権力の暴力装置である。そのことへの異議や不安は真摯な心情吐露であっても弾圧してよし、そのことを持ち上げる反対派を貶める行為はデマでもなんでもよし。真実かデマかは問題ではない。問題は、国家への反抗であり、市民の不安に基づく異議申し立てである。
    この弾圧は、この不作為は、この腐食は、戦争への道へとまっすぐにつながっている。
    宮古島市民と心より連帯する。

    ReplyDelete
  2. Sumi Hasegawa4:43 pm

    メールを送りました。
    「絶対に」と言う言葉が不適切だったとしても、島民の不安はこれ程のものだということを、沖縄や離島で起きている問題に無関心な本土の人間に知らせることこそ必要なことで、辞任させて、黙らすなどは右翼の圧力に迎合することになる。公共放送で沖縄に関する捏造番組が流されたり、現職大臣が国会で虚偽発言をしたりするのとは、事の重大さに雲泥の差があり、言葉の不適切さを謝罪したなら、それで充分です。石嶺氏には元気を出して、これからも島民の気持ちを代弁していくことに期待していると伝えてください、と書きました。

    ReplyDelete
  3. 小林はるよ4:45 pm

    市会議員は、選挙に当たっては公約を示して立候補し、その公約の実現に努力することを期待されて、選ばれているわけです。石嶺かおり議員は、自衛隊誘致に反対する立場から、自衛隊が駐留することになっても、駐留による宮古島市民の生活へのさまざまな、ありうる影響や被害を防がなければならないとの強い思いから、あのフェイスブックでの発言に至ったと思います。

     発言には「言い過ぎ」の面がありますが、市民の相当多数の、とくに女性、母である人達の危惧を代表していると思います。「言い過ぎ」は、石嶺かおりさんの若さや未経験の反映ですが、議会や公的な場で発言したわけではなく、明らかに、議員を辞職させられるほどの理由ではありません。

     石嶺議員のところには全国から嫌がらせや脅迫、非難が届いているとのことです。宮古島市の議員は、同じ島民であり多くの島民の意見を代表する石嶺議員を守るべきです。26人の議員中、20人が辞職勧告に同調したというのに暗澹とする思い。20人の中に、誘致反対派はいないのでしょうか。

     石嶺かおりさん、しばらくは非常につらいだろうけど、「面の皮」を厚くして耐えて、辞職してはいけない。自分が強くなる、成長する機会と思ってください。日本人は弱いとみる相手にはさらに居丈高・傲慢になりますよ。「弱きを助け強きをくじく」「判官びいき」なんて、嘘もいいところ。その反対。

    ReplyDelete
  4. 元自衛官および「自衛官人権ホットライン」を主宰している立場から、あえて付け加えさせていただきますが、石嶺 香織さんの発言は「言い過ぎ」ではありません。彼女が言う「絶対」に近い状況が自衛隊内にはあります。これは、本来、自衛隊関係者なら当然知り得る状況です。南西諸島ピースネットでも、元自衛官などの全員が石嶺 香織さんの発言を支持していますが、僕ら自衛隊経験者からみれば、情けない現実ですが、自衛隊の性的暴力はありふれたことなのです。

    この自衛隊の性的暴力は、隊内の女性自衛官たちにも一段と向けられています。防衛省・自衛隊の統計でも、年度によりますが7~20%にちかい、セクハラ・わいせつ・レイプ事件が起こっています。つまり、自衛隊内では、一方で多数の女性事件が性的暴力に遭い、他方で民間の市民、女性達にそれが向けられているということなのです。昔から本土では「自衛隊と警察の性犯罪」は、常識のようになっていますが、自衛隊はその軍隊特有の非人間的環境の中で(営内班生活)、これが拡大していくということになります。詳しい内容は、資料も含めて下記のリンクを参照して下さい。
    *自衛隊の性暴力の実態とは?
    https://www.facebook.com/notes/%E5%B0%8F%E8%A5%BF-%E8%AA%A0/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%85%8B%E3%81%A8%E3%81%AF/1251350281607923

    ReplyDelete
  5. 上のUnknown表示は、小西誠です。設定を間違えてしまいました。

    ReplyDelete
  6. 小林はるよ10:59 am

    私が「言い過ぎ」と言ったのは、それこそ「不適切」だったんですね。わかりました。

     この3月だけでも数々あった、自衛隊員による性的暴力事件と、小西誠さんの記事を読んで、石嶺さんが言われる「絶対」は、不適切でもなく、言い過ぎでもない、現実の可能性、現実的な危惧だとわかりました。「言い過ぎ」と書いたこと、石嶺さんにお詫びします。

     自衛隊員の中に自殺者が多いことや、自殺者が出る苛め事件があることは知っていましたが、性的暴力事件がこんなに頻発していることは認識していませんでした。石嶺さんは、この知識があってああした投稿になったのでしょうね。

     ぬるま湯の中にいた者の、すみませんではすまない、認識不足でした。

     今日は「反省していない」と、15人の議員が退席して流会になったとのこと。石嶺さんは8000人近い支持を得て当選したというのに。

     自衛隊員の災害時出動などにより、自衛隊=善 正義のイメージがますます強められてきていますね。敗戦前の日本人の大勢が、旧日本軍が「お国のために」命を賭けて戦っていると信じていたのと重なります。

     石嶺さんを支持した8000人近い宮古島島民と、全女性のために、負けないでください。

    ReplyDelete
  7. ここで石嶺さんの発言が封じられたら、この国の民主主義は息の根を止められる。何としても守り抜かねば!

    ReplyDelete
  8. 名護市の吉川秀樹さんが宮古島市に送ったメールの共有を許可してくださったのでここに紹介します。

    宮古市島市議会・事務局
    議長 棚原芳樹様
    事務局 担当者様

    宮古島市市議会において、石嶺香織議員の自衛隊に対する発言と、その発言が招いた議会・議会事務局への混乱を理由に、市議会議員20名が石嶺議員に対して辞任を求める「辞職勧告決議案」が議会に提出されています。その状況に対して、宮古島市の市民ではありませんが、沖縄県民として懸念を表明したくメールをお送りしています。

    今回の石嶺議員の発言に対して、私は納得はしていませんし、議員として軽卒な部分もあったと思います。

    しかし、議員が法を犯したわけでもなく、個人の認識や見解を示し、その認識や見解に対して他から議会に苦情が寄せられたということで、他の議員により「辞職勧告決議案」が提出され、それが採択される可能性があるという状況は、民主主義における自治体の議会のあるべき姿ではないと考えます。

    石嶺議員は、去った1月の補欠選挙において、宮古島への自衛隊の配備反対を公約に掲げ、市民7600名余の負託を受けて、宮古島市市議会における唯一の女性議員となりました。石嶺議員に票を投じた市民のなかには、石嶺議員の今回の発言に同意している人もいるかもしれません。それを考えると、今回の「辞職勧告決議案」の提出は、市民がそれぞれの意見、多様な意見をもつことを市議会が否定しているかのように映ります。

    今回の「辞職勧告決議案」に対しては、「市民(人民)が主権者であり、自らの手で、自らのために政治を行う、自らの自由と平等を保障する生き方」と定義される民主主義の原則のもとに、宮古島市議会は対応するべきだと考えます。


    沖縄県名護市
    吉川秀樹

    ReplyDelete
  9. 吉川秀樹7:28 pm

    しかし議員や行政そして市民が、民主主義、三権分立の理念や原則、その意義ををきちんと把握していないのが沖縄、日本の現状のような気がします。
    多くの人々の頭のなかでは、民主主義=多数決という理解で終わっていています。

    その理由の一つは、地方自治法やそれに基づく基本法/条例などでも、「民主主義」や「市民主権」という考えかたがきちんと議論されておらず、そこに住む市民/住民ではなく、自治体そのものが主権を持っているような書かれ方です。沖縄の県や市町村の自治体や議会の憲章、条例、規則等や付属文書等でも、「民主主義」「市民主権」とはなんぞを具体的に書いているのは多分ないと思います。

    そのような状況が今回の辞任勧告決議の提出ということに繋がっている部分もあるのでしょう。

    今回の件を通して、まずは僕ら市民/住民から、いろいろ理解していくことが大切だと思いました。

    ReplyDelete
  10. 報道されているように22日、23日と連続し、宮古島市議会で、石嶺議員を批判する市議15人が退場し石嶺議員が質問をできない状態が続いています。それに対して元名護市議の宮城康博氏が宮古島市市議会議長あてに23日出したメールを、許可をえてここに紹介します。


    宮古島市市議会
    棚原芳樹議長殿

    3月22日に15人の議員が、石嶺香織市議一般質問に際し本会議場を退出し、議会が定足数に達せず自然流会となったことをフェイスブック等、インターネット上のSNSでの個人投稿および新聞の報道等で知りました。

    退出なされた議員は、石嶺市議への辞職勧告決議の際に、石嶺市議が議長の許可を得て行なった当該決議案に関する弁明の内容(議員への謝罪がない等)を問題にしているようですが、決議案採決に至る前に討論する機会はあっただろうし、それらの機会に言論を尽くすのが議会人としての当然の行為だろうと思料します。議案を上程し賛成多数で決議した議員が、辞職勧告された議員の発言が気に入らないからと、一般質問の際に退席し議会を不成立にさせるというのは、市民からみて到底理解できるものではありません。これは特定議員への「いじめ」であり、宮古島市議会の品位を著しく損ねる行為だと断じざるえません。こんな事態を放置していると、宮古島市議会の権威は失墜してしまいます。

    議長および議長の職責を補佐する議会事務局長におかれては、すべて既知の事柄ですが、宮古島市議会会議規則第153条では会議中に議員はみだりに席を離れてはならない旨規定されており、15人の議員は明確な規則違反をなしています。厳重注意し、速やかに正常な議会運営がなされるようにしてください。
    さらに議長。かかる15人の議員が、議長の催告にも関わらず出席しない場合には、地方自治法第113条の規定に従い、再度招集して半数に達せずとも議会を開会し、石嶺市議の一般質問を行い、そのまま議事日程を処理していくことは可能だと思料します。ぜひご検討ください。異常な議場になると思いますが、これ以上、不謹慎極まりない横暴な議員により、宮古島市議会が停滞し続けるのは、なにひとつ宮古島市民のためにならないと思料するものであります。

    沖縄県南城市民
    宮城康博

    ReplyDelete
  11. 小林様 
    ありがとうございます。ついでに最新のお願いを世界に!

    『標的の島』の三上智恵監督の、宮古島市議会での緊急かつ現場からの報告。
    ーー石嶺議員の「辞職勧告決議」に続いて、同議員の宮古島自衛隊配備問題への「議会最初の質問」を、保守反動派議員がボイコットし、退場という暴挙。

    これは、ネトウヨと連動した自衛隊配備推進派(防衛省・自衛隊を含む自衛隊協力会・家族会・隊友会も)が、「総力決起」して、宮古島の自衛隊配備の反対運動をつぶしに掛かっているということだ。そのための、石嶺議員の発言封じだ。

    *全国の心ある人々の様々な支援を求めます。まずは(宮古島市議会へ石嶺 香織議員支持、議会ボイコット弾劾のメールを送って下さい。)
    *「市へのご意見・ご要望」https://www.city.miyakojima.lg.jp/inquiry/request.html

    今日は逆風の中で
    初めての一般質問をこなす
    一年生議員の姿を撮ろうと
    微熱で足腰が痛いのを押して
    宮古島市議会にやってきた

    が、
    んがー!!

    なんと、
    昨日石嶺香織議員に対して
    与党議員20人が寄ってたかって
    辞職勧告を叩きつけたのに
    彼女が辞職しませんと言ったので
    反省がない!
    これでは議会を続けても仕方ない云々で
    一般質問もさせないで2時過ぎに
    議会をボイコットして出てしまった

    わたしは
    ボーゼンと座っている香織市議と
    誰も居なくなった議場を
    撮影することになった

    野党議員と
    濱元議員だけは残りました

    現在、自衛隊が性犯罪を犯すなんて
    侮辱もいい加減にしろ!という
    全国からのメールがわんさかきている
    かと思いきや
    おとといからは
    香織市議擁護のメールが
    圧倒的になっている

    市民課に確認したところ
    きのうは
    146対17で香織市議擁護

    辞職勧告はありえない
    一年生議員にそれはない
    自衛隊が来る不安を口にして
    何が悪いの?という意見が
    圧倒的だった

    きょうはまた
    あの市議会議員がまた
    辞職勧告を拒否!みたいな
    意地悪な書き方のニュースが
    ネットを駆け巡ったため

    石嶺香織攻撃が少し盛り返したが
    それでも8対2で擁護が断然多い

    市民課がこの
    ご意見システムを作って以来

    1日100件を超えるメールが入ったのは
    初めてのことで
    市民課も目を白黒

    でも、石嶺香織議員が
    攻撃も擁護も含めて
    全部見せてほしいと市民課に行くと
    情報公開の手続きを取ってほしいと

    なぜ?
    市議への批判や用語なのに
    本人が見られないとは?

    しかも、初期の攻撃メールは
    石嶺香織さんを性的に侮辱するもの
    娘さんを性的に侮辱するものなど
    読めた内容ではないものも多く
    それは与党議員が回し読みをしてて
    彼女にも
    コピーが渡され
    読みなさいと見せられた

    そして苦情殺到という記事が
    新聞にパンパン出た

    それなのに
    彼女は悪くないというメールが
    たくさんの来てからは
    内容も確認できず
    本人が見ることもできない

    これでは、延々と
    攻撃メールばかりきているみたいな
    情報操作になってしまう

    なにより
    議会は空転したまま流会になり
    あすも
    石嶺香織が謝らなければ
    議会は再開できないと
    与党側はいう

    しかし彼女は
    すでに撤回も
    謝罪もしている

    きのうは議会でも
    一般質問にも立って居ない
    デビューもしてない議員が
    議場の真ん中で
    自分のした表現について
    謝罪した

    わたしが彼女なら
    議場での発言でもなく
    ブログで不安を口にしたことで
    議場で謝ることになるのは
    とても悔しい
    でもみんなに迷惑をかけたので
    謝ることを受け入れたのだと思う

    しかし、わたしは7000人の
    有権者の支持で
    議員になったのであって
    議会に選ばれたわけではないので
    皆さんに言われて
    辞職することはできない

    そうきっぱり言ったことで
    おじさん議員たちは
    反省してなーい!!と
    大合唱することに
    なってしまったようだ

    イジメが始まると
    お前が悪い
    罪を犯したんだ
    反省を見せろ、反省が足りない
    どこまでも
    強者が強者であることを確認するため
    この行為は繰り返される

    しかし、ことは
    自衛隊部隊の配備である
    人口五万の島に
    800人のミサイル部隊が来て
    その先どこまで増えるか
    すぐに数千までなるという人もいる

    騒音
    環境汚染
    自治
    交通事故
    性犯罪
    なにより
    標的になること

    たくさんある不安のうち
    女性なら真っ先に不安に思う
    軍隊と性犯罪の問題である

    それに触れたことでここまで
    される?
    自衛隊反対で自分に投じてくれた有権者に応えるべく
    連続の徹夜も超えて
    意気揚々と用意した一般質問さえ
    させてもらえない事態

    それも、先輩議員たちが議場を
    出て言って、彼女の発言を封じた

    これは民主主義が完全に壊れてしまっている

    ReplyDelete
  12. Takako Kasuya1:45 pm

    宮古島市議の石嶺香織氏がFB(フェイスブック)で問題発言をしたということで誹謗中傷のメールや電話が議会事務局に殺到していると聞いています。石嶺氏が謝罪・撤回しているのだから、市会議員20人が辞職勧告決議案を出すというのは、不当な言論封殺圧力に対して屈することになり、ゆゆしき問題であると考えます。実は私の県でも、池田恵理子さん(慰安婦問題に取り組んでいる元NHKディレクター)の講演を行ったとき、後援者や会場に対して大量の電話・FAX・メールが殺到し、業務に支障をきたすということが起こりました。関係者が調査した結果、憲法改正や慰安婦問題は無かったと主張する右翼団体が、全国の仲間に呼びかけていて、事実無根・歪曲した誹謗中傷がネット上に飛び交っていました。貴市議会事務局に対して行われたことは、私の県で行われた妨害・いやがらせと同根の恐ろしい事態と考えます。これを許せば、憲法で保障された言論表現の自由を封殺する事態が、今後も更に広がることになり日本の平和と民主主義が脅かされます。どうか、石嶺香織議員への辞職勧告決議など行うことなく、石嶺議員を守り、言論表現の自由を守る、人権を守るようにしていただきたいと切に願います。20人の市議の皆さま、どうぞ再考下さい。 
    Takako Kasuya

    ReplyDelete